2009/10/12 フェニックス1DAYシングルス・フリー

会場    大磯プリンス
コート   ハード

来週の寒川シングルスに向けて久々にシングルス参戦です。両手打ちバックハンドにしてからは初めてのシングルスです。参加者は5人。総当たりで優勝を争います。

1試合目 ○ 6-4

相手は中学生。見た目はのび太くんのようです。トスに勝ったのですが、風上からバンバン打つとバックアウトが怖いので、風下サイドを選択。これが失敗でした。のび太くん小柄な体をしならせて凄いフラットボールを打ち込んできます。のび太くんのハードヒットに押されっぱなしで1ゲーム目をブレイクされてしまいました。サイドチェンジして風向きが変わってものび太くんのハードヒットは相変わらず素晴らしく、あっという間に1-4とされてしまいます。1-5とされる前に何とかしないといけないと思い、ラリーのペースを落とすことに。サーブから緩く入れていって、フォアのムーンボールとバックのスライスでしつこくラリー。これで相手の強打が狂い始め、4-4まで追いつきました。追いつかれたことでがっくりしたのかのび太くんのミスが目立ち始め、そのまま6-4で逆転勝ち。

2試合目 ○ 6-0

2試合目の相手は大人でしたw かなりサーブに力があり、ストロークもハードに打ってきます。ただし、打ってくる分ミスもそれなりにしてくれて、出だしの2ゲームくらいを簡単に取りました。しかし相手も私のボールに慣れたのか徐々にミスが減ってエースを決めてくるようになりました。3ゲーム目だったと思いますが、長いデュースにもつれ込みます。リードしているとは言え、このデュースを取るか取らないかは大きいと思い、気合いを入れてプレー。何とかこのゲームを奪い、そのまま6-0で勝ちました。この試合で、両手打ちバックハンドにして3ヶ月、初めてストレートにノータッチのパッシングショットを決めることができました(^^)

3試合目 ○ 6-4

相手は私より若い感じで、かなりしつこいタイプのプレーヤーでした。フォアもバックもミスが少なく、ムーンボールでつないできます。それだけでなく時折フォアの強打でエースを奪ってくるので、常に強打を警戒する必要もありました。ラリー戦で主導権を奪えず苦しい展開で2-4とリードされます。どうにかペースを取り戻そうと、1試合目とは逆にペースを上げました。回り込みフォアでやられていたので、逆に先にフォアサイドに強めにスピンをかけたボールを打ち込んでいきます。これでラリーのペースをつかみ、チャンスにはネットに出てポイントを奪っていき、4-4イーブンとしました。そのままの勢いで残り2ゲームも奪って1試合目に続く逆転勝利。

4試合目 × 1-6

再び中学生(後で聞いたら3年生とのこと)が相手でした。のび太くんより体格が良く、サウスポー。前の試合を見ていたらかなりサーブが強力だったので、トスに勝ってサーブを選択。丁寧に相手のバックサイドにサーブを入れて1ゲーム目をキープ。しかしここからが大変でした。サウスポーくんのサーブの威力はすさまじく、1ゲーム目はほとんどリターンできず。2回目以降の私のサービスゲームはリターンをコーナーに打ち込まれ見送る場面もしばしば。あっという間に1-5になって、最後のゲームは後ろにいてもどうにもならないのでサーブ&ボレーを敢行。リターンミスを誘ってデュースに持ち込みましたが、ここまで。最後も強打を打ち込まれてゲームセット。完敗でした。

サウスポーの中学生は全勝かと思いきや、なんと私が6-0で破った相手に負けたとのことで、3勝1敗で私とサウスポーくんが並びました。しかし直接対決で私が負けてしまったので、優勝はサウスポーくん。私は残念ながら準優勝でした。

1試合目と3試合目は負けかかった試合をひっくり返したということで、粘り強くできた点は良かったと思います。私がポイントを取りに行って取れたのはラリーからネットを取った時がほとんどだったと思いますが、決めたのと同じくらい決めそこなったボレーがあったのは反省すべき点であります。シングルスのボレーはなるべく1本で決めないと苦しくなるので、もっとアングルとかドロップを多用した方がよいかもしれません。

それにしてもあのサウスポーの中学生は強かったなあ。もう1回対戦する機会があったら、今度はもうちょっとなんとかしたいものです。。。

キラキラ人気ブログランキングキラキラ←クリックお願いします!